ブログ一覧

新年会の流れと準備って?|幹事の方にケータリングをご紹介

2018年12月12日

 

 

初めて新年会の幹事を任されたあなた!

新年会の進め方や準備の仕方など、初めてでは色々と分からないことが多いと思います。

そんな疑問をお持ちの方に東京での新年会の準備の時期、流れ、ケータリング利用について詳しくお伝えします。

 

 

 

新年会の準備の時期

 

 

初めて新年会の幹事を任された方は、何をしたらいいのかわからず不安になってしまいますよね。

しかし、幹事を初めてする方でも新年会の準備さえしっかり行えば、当日スムーズに会を進行することができます。

まずは当日慌てることがないように、早めの段階から準備をすることが大切です。

 

目安としては、新年会開催日の約1ヶ月前からスケジュール調整、会場の予約、人数の把握を行うといいかもしれません。

大規模な新年会になればなるほど準備に時間がかかるので、50人以上で行う場合は約2ヶ月前から会場の予約をするのが一般的です。

 

 

 

新年会の準備の流れ

 

 

いざ新年会の準備をしようとしても、何から始めればいいのやらと戸惑う方は少なくないかと思います。

幹事は主に、日程の調整、会場の選択と予約、当日のスケジュール決めの3つを行います。

それではこの3つを詳しく見ていきましょう。

 

 

*みんなが集まりやすい日程を選ぼう!

 

新年会というと、1月中旬〜下旬に行うイメージが多いように思います。

しかし、1月は新年会シーズンで会場の予約が難しい場合が多く、最近では混雑を避けて2月上旬に行うケースも増えています。

なるべく多くの人に参加してもらうためには、より集まりやすい時期に開催することをおすすめします。

 

 

 

*会場の選択と予約をしよう!

 

日程が決まったら次は会場についてですが、ここでは多くの人に「参加したい」と思ってもらえる場所を選択することが重要です。

まずはどんな人が参加するのか、年齢はいくつぐらいの人が多いか、男性が多いか、女性が多いかなどメンバーの把握をしましょう。

その上で、例えば社長や上司がいて少ししっかりとした忘年会にしたいのであれば、料理は和食にして、落ちついた雰囲気のお店や会場を選ぶようにしましょう。

 

また場所も大事なポイントで、二次会を行うことも視野に入れて、駅から近い飲食店が多い地域を選択するようにしましょう。

新年会に使えそうな会場やお店はたくさんあるので、選ぶのに迷ってしまいますが、参加者の要望をあらかじめ聞いておくと定まりやすいかもしれません。

 

また、新年会といえば余興を行い盛り上げることもあるかと思います。

多くの人の前に立ってモノマネをする、特技を披露するといった余興ができる場所かどうかも事前に確認しておきましょう。

 

 

 

*当日のスケジュール決めをしよう!

 

日程と場所が決まったら、次に行うことは当日のスケジュールを決めることです。

ここでもお店の選択と同様に参加者のニーズに合わせたスケジュールを立てましょう。

例えば、わいわい騒ぐのが好きな人が多い場合は、「お酒が入って盛り上がってきそうなタイミングで、今をときめくお笑い芸人のモノマネを余興でしよう」というようなスケジュールの立て方です。

 

また、幹事さんはお金の管理もする必要がありますが、お酒が入ってしまうと参加費を集めることが難しくなってしまいます。

「はじめにお金を徴収して、二次会に参加するかどうかもお金を徴収する際に一緒に聞く」

というように、細かいところまで計画を立てましょう。

 

スケジュール決めは幹事さんの腕が問われる重要な部分です。

みんなに楽しんでもらえるように事前にアンケートをとったり、できる限りいいプランを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ケータリングを利用しよう

 

 

ここまで新年会の流れを説明しましたが、なかなかプランが決まらない、初めてで不安だなと感じている幹事さんはいらっしゃいませんか?

そこで今回おすすめしたいのがケータリングです。

 

ケータリングは、テーブルや席が整っている会場さえ押さえれば利用することができます。

ケータリングを提供している業者は、初めて利用される方に向けて当日の運営のイメージや食事内容など、不安な点を事前に打ち合わせをする機会を設けていることが多いです。

そのため初めての方でも安心して利用することができます。

 

加えてケータリングは比較的リーズナブルな価格で利用できるので予算も押さえられ、お財布にも優しいプランになるでしょう。

幹事の方は、ただでさえ忙しい年始にさらに追い打ちをかけるように新年会の準備を行うため、とても忙しい仕事です。

少しでも幹事負担を減らすためには、ケータリングをうまく利用する方法もありますよ。

 

 

 

まとめ

 

今回は新年会の流れ、ケータリングの利用についてご紹介しました。

初めて幹事を任されてよく分からない方、ぜひ一度東京ケータリングスタイルまでお問い合わせください!

 

 

 

東京でのイベント後の打ち上げパーティーにお困りの方へ!ケータリングのすすめ

2018年12月05日

 

 

 

イベント後の打ち上げパーティーは、「イベントの余韻やその場の雰囲気をキープしながら、社員間の交流をもっと深めるために上手く盛り下げずに行いたい」と幹事の方はお考えになるのではないでしょうか。

 

そこで今回は打ち上げパーティーですることや、ケータリングサービスを利用した際、実際にどこまで対応してくれるのかについてご説明します。

 

 

 

打ち上げパーティーですること

 

 

まず要になるのが会場とパーティー内容です。

今回はこの2点について詳しく見ていきましょう。

 

 

 

*会場

 

幹事を任されると、まずは会場を押さえる方が多いと思います。

打ち上げパーティーの会場を決める際は、なるべくイベント会場から近い場所を選択することをおすすめします。

移動距離が短いとパーティーへの参加率が高いことも事実としてありますが、イベント後の余韻に浸れるメリットもあります。

せっかくのパーティーなのでみんなで楽しめる場所を選びましょう。

 

 

 

*パーティー内容

 

まずは、みんなが楽しめるプランを考えることが大切です。

料理に関しては、たくさんの人が参加するので食べ物の好き嫌いがあっても満遍なく楽しんでもらえるように、いろんな食材や味を用意できる料理プランにするといいかもしれません。

また、立食形式にすれば参加者が動き回ることができるので、参加者同士がコミュニケーションを取りやすくなります。

料理以外では、芸能人のモノマネやマジック、即興バンドといった企画を行って場を盛り上げるのもおすすめです。

 

 

 

ケータリングについて

 

 

次にケータリンングについて説明します。

ケータリングとは、誰でも簡単に利用でき、料理を作る環境がない場所でも料理を提供して食事を楽しむことができるサービスのことです。

「ただ料理を提供してもらうだけなら、配置や片付けを幹事が担う必要があって余計に大変そうだ…」

と不安を抱えていらっしゃる方。

 

私たちのケータリングサービスでは経験豊富なスタッフの派遣も行っているため、そうした心配をする必要はございません。

事前打ち合わせや料理の試食などをさせていただき、幹事さまの負担を軽減できるように精一杯サポートいたします。

 

逆に自分たちでパーティーを計画したい!という方には、料理だけを注文していただくこともできます。

特別なイベントを彩る特製のケーキを頼むこともできますし、パーティーを盛り上げる余興に使えるマイク、プロジェクター、飾り付けなど、オプションを多数ご用意しております。

開催する打ち上げパーティーの雰囲気やイメージ、テーマに似合わせてご相談も受け付けています。

 

当日は、搬入、セッティング、片付け、搬出まで責任を持って行いますのでご安心ください。

 

 

 

まとめ

 

今回は、イベント後の打ち上げパーティーについて、どんなことをしたら良いのか、またケータリンングサービスを利用したらどこまで対応してくれるのかについてご紹介しました。

 

打ち上げ開催が初めてで不安な方、ケータリングについてもっとよく知りたい方、ぜひ一度東京ケータリングスタイルまでお問い合わせください。

 

 

 

東京での同窓会の費用の目安|ケータリングがおすすめな理由

2018年12月01日

 

突然同窓会の連絡が来て、古い友人から同窓会の幹事を任された経験はありませんか?

「幹事なんていろいろやらなきゃいけないことが多くて大変だ。何より、何をしたらいいか、費用はどれくらいがいいのか分からないから困った」という人もいらっしゃるかもしれません。

 

今回はそんな方に向けて平均的な費用とケータリングについてご紹介していきます。

 

 

 

年齢層ごとに費用は異なる

 

 

同窓会は年齢ごとに形式と費用の平均が異なります。

今回は20代から40代まで、年齢ごとに費用とプランについてご紹介します。

 

 

*20代

 

20代では働き始めの方が多く、大学生ならなおさら所持金が少ないので平均4000円前後で設定することが多いようです。

20代の場合、成人式の後に同窓会を開く人が多いと思く、恩師を同窓会に招待して現在の私生活のことや卒業後の成長ぶり、大学生活や職場でのことをお酒を交えながら報告したい人も多いと思います。

 

久しぶりの再会に学生時代の思い出話で盛り上がりたい人もいるはずなので、食事は立食ブッフェ形式にして、飲み物はお酒だけでなくノンアルコールドリンクとソフトドリンクも充実させるといいかもしれません。

 

 

 

*30代

 

30代の平均的な費用は6000円前後が一般的です。

30代になると結婚してお子さんがいらっしゃる方も多く、なかなか参加率が上がらないことが多いなか、いかに参加したいと思わせるプランを考えられるかが重要です。

 

一方で、参加してもらおうとするあまり費用を安く設定し、料理や同窓会の内容が薄くなると好ましくないようです。

ある程度の金額で、落ち着いた雰囲気、料理と飲み物も量より質を重視して程よく揃えられるようにしましょう。

 

 

 

*40代

 

40代は7000円〜10000円が一般的だと言われています。

40代になると仕事も私生活も落ち着き、金銭的にも余裕が出てくる頃であると予想されます。

そのため、30代は忙しくて参加できなかった人も40代での同窓会は参加できる人が多くなり、統計で見ると40代で同窓会を行うことが多いようです。

 

年齢層が上がるにつれて料理は量より質にこだわる人も多くなる傾向があるので、若い頃の同窓会よりも料理にもこだわりましょう。

 

 

 

ケータリング利用について

 

 

年齢によって形式が異なる同窓会ですが、ケータリングではそれぞれの年代層にあったプランと価格の選択、料理の選択をすることができます。

 

幹事に加えて毎日の仕事や家庭のことで忙しい人でも、サポート体制が整っているケータリングサービスを利用すれば、事前打ち合わせにてにサービス内容の確認や料理の試食を行うことができるので、安心して同窓会を企画することができます。

 

 

 

まとめ

 

今回は年齢ごとの費用とプランについてご紹介しました。

少しでも同窓会を開催するにあたってお役に立てたなら幸いです。

 

ケータリングを利用して同窓会を開催しようと思っている方、ケータリングを利用してみようかと考えている方、ケータリングサービスについて詳しく聞きたい方は、是非一度、東京ケータリングスタイルまでお問い合わせください。

 

 

 

まずはざっくりお見積り! 約1分で依頼完了! ケータリングかんたん見積り依頼